当院では、糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症、黄斑円孔、黄斑前膜、網膜剥離などに対して積極的に硝子体手術を行っております。特に重症の増殖糖尿病網膜症に対しては、慎重な増殖膜の処理を行い、網膜裂孔の発生を最小限に抑え手術成績の向上を目指しています。また、難治性の白内障手術に伴う水晶体核落下、チン氏帯断裂に対しても硝子体手術を行い対処することが可能です。さらに、万が一、白内障術後に眼内炎が発生しても、迅速な硝子体手術で治療することが可能です。